« 魔法の物質『フラックス!』 | トップページ | 《 SMT する事間違うと大変 (1) 》 »

《はんだが飛ぶ?…ほんとう???》

お客様からよく「あなたの所の基板面に、はんだボールが多い、
何とか対策出来ないのか?」とよくクレームが付くことが有り
ます。指摘された基板をよく見ると確かに基板上に多くの『は
んだボール』が有るのが確認されます。
私は、ずっと以前から『はんだが飛ぶ』と言う事に疑問を持っ
ていました。確かに本にも『飛ぶ』と書かれている本がありま
す。また多くの人が『はんだが飛ぶ』、『フラックスと一緒に
はんだが飛ぶ』と言われます。本当かな?と半信半疑でした。
なぜなら、はんだと言う金属を飛ばすには『力』が絶対必要で
す。ピッチャーは力を込めてボールをキャッチャーに投げます。
子供はサッカーボールを力強く蹴飛ばしボールを飛ばします。
そのような『力』は、はんだを溶かす時、どこから発生してい
るのか?はんだは融点になれば、固体から液体になるだけです。
その時の膨張係数?金属のはんだが2倍、3倍にもなる膨張係
数はありません。確かにフラックスは飛びます、飛散します。
『フラックスと一緒に飛ぶ』と言う人がいます。しかし、基板
面の飛んだはんだボールをよく顕微鏡で見てみると、そのボー
ルの表面にはフラックスは付着していません。これらの事に以
前から疑問を持ち続け、何年か前にこの結論を得ました。それ
は、『はんだは絶対に飛ばない、飛ばしているのです』と言う
事です。ある日、コテ作業の非常に上手な作業者とそうでない
作業者の基板面を比較して、その出来ばえを見てがく然としま
した。その時に気が付いて写真のような実験を現場リーダ達と
やりました。白紙のA4の中央部に穴を開け、基板の上に置き
はんだゴテを動かさず固定させ、糸はんだを加える。これを何
回も作業をする。片やはんだゴテを動かし作業をする。その後
両者の紙の上を顕微鏡で確認した結果、後者はフラックス飛散
あり、ボールの飛散も有りましたが、前者はフラックス飛散は
ありましたが、ボールの飛散は皆無でした。丁度、水の入った
コップに箸を入れ、その箸を動かせば水滴が回りに飛ばされま
す。この原理だと考えます。これで私は『はんだは飛ばない、
飛ばしているのだ。飛ばしている事を『飛ぶ』と言えば飛ぶこ
とになります』と言う結論を得ました。皆様も実験してくださ
い。面白い真実が分かるはずです。
従って、コテ作業者への指導は、コテを当てる目的、意味なく
コテ先を動かさないこと等の指導が必要です。(作業者によっ
ては、変なクセを持った作業者がいます。直させる事が必要)

また、クリームはんだを使用するSMTの現場でもはんだボー
ルは発生します。これは、又別なカラクリです。このカラクリ
に付いては後日のブログで記したいと思います。
    Imgp1741         

(実験)
A4の白紙の
中央部で、
はんだゴテを
固定し、糸は
んだを加える。
またコテを動
かし糸はんだ
を加える。

Imgp1793 はんだゴテを
固定してヤニ
入り糸はんだ
を加えた。
フラックスの
飛散あり、は
んだボールの
飛散無し。

Imgp1783 コテ先を動か
した作業。
はんだボール
飛散、ボール
の周囲、フラ
ックス 付着
なし。                              

|

« 魔法の物質『フラックス!』 | トップページ | 《 SMT する事間違うと大変 (1) 》 »

はんだ(基本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 《はんだが飛ぶ?…ほんとう???》:

« 魔法の物質『フラックス!』 | トップページ | 《 SMT する事間違うと大変 (1) 》 »